ベルルの新上五島☆ステキな教会巡り 青砂ヶ浦教会 (国指定重要文化財)

青砂ヶ浦海岸の丘の上に立つ、明治43年完成の赤煉瓦の教会です。
入口の白いアーチ その上の丸窓。『天主堂』の文字にも趣があります。
室内に入ると、これはまた すばらしい!
薔薇窓・アーチ窓のステンドグラス、幾層にも連なって見えるコウモリ天井、柱の装飾のみごとなこと。
設計施工は 長崎県下に数多くの教会建築を残した郷土出身の 鉄川与助によるものです。
その時代ならではの、建築構造と装飾の粋に 圧倒されました。 

● 小さい画像にカーソルで触れると、下段の枠に写真が表示されます。  また、クリックすると拡大します
坂を上ると赤煉瓦の教会が

ページ最上部へ

Copyright © 2002- Atelier Pasobo. All rights reserved.
inserted by FC2 system